2017年9月30日土曜日

ニュージーランド航空 座席アップグレードの新システム導入

こんにちは
今日のオークランドは晴れとくもりとちょっと雨でした。

お友達との待ち合わせ前に、
海辺をひとりでお散歩しました。
日差しに当たると暑くて、
木陰に入ると寒くて
温度調節がむずかしーーー!って
独り言いってました^^;


えと、ニュージーランド航空が9月28日から
新しいシステムを開始したんだそうです。


オークション方式で座席を
ワンランクアップできるかも!?という

OneUpアップグレード
というシステムを
日本路線に導入しました。
搭乗便出発日の72時間前までに、
『予約の管理』から予約のフライトを選択して
座席のアップグレードに対して、
支払っても良いと考える希望金額を入札します。
希望価格で
エコノミークラス ⇒ プレミアムエコノミークラスへ
プレミアムエコノミークラス ⇒ ビジネスクラスへの
アップグレードができるというシステムです。
入札結果は、
入札金額やアップグレードするクラスの空席数、予約席数、
ニュージーランド航空のマイレージプログラムの
ステータスなどで審査され、
出発日の3日から5日前にメールで通知があるそうです。
Photo by (c)Tomo.Yun
年末年始などの混雑する期間中に
利用する人は競争率高いというか、
かなり厳しいですよね
単身じゃなくて、家族で動く方とかも。
審査基準は最高額入札者、
その入札金額だけで判断されるのかなぁ
そのチケットの購入時の金額も
審査の対象になったりするかなぁ
SALEチケット購入者は確率低くなるなら
入札できないなーーー 
だってわたし・・・
SALEのチケットしか買えないぃ(*ノω・*)テヘ
いつかは、ビジネス、、、
いやプレミアムエコノミー乗ってみたいなー
ワンアップってことは、エコノミー購入者はビジネスへの入札は
できないってことですよねー 2アップになっちゃうし。

次はいつ日本に帰れるのだろうか
体のメンテナンスしたいからなぁ〜〜
☆↓ぽちりと応援クリックお願いします↓☆

にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ

2017年9月5日火曜日

コカ・コーラ AI自販機をニュージーで展開開始!

今日のオークランドは晴れでしたー
お天気良いと気持ちいいですね(*´ω`*)

最近気になる話題といえば、プロ野球。
CARPの勝敗が気になります。
今日からはじまる阪神との三連戦は負けてほしくない
優勝してほしーー!

ていうことで、今日の話題。

コカ・コーラは近く、
人工知能(AI)を搭載した
「スマート自動販売機」の設置を
ニュージーランドで開始する。

その後は米国でも、同タイプの自販機を展開していく計画。 
スマート自販機はクラウドに接続され、
デジタル制御・管理される。

これにより、コカ・コーラは
この自販機で販売する商品の価格を
遠隔操作で変更できるようになるほか、
限定的な地域での割引や販売促進キャンペーンを
より容易に行うことが可能になる。 

消費者はこれらの自販機から離れた場所にいても、
スマートフォンを使って飲料をあらかじめ注文。
指定された自販機で商品を受け取ることができる。

また、世界中のどこからでも、
離れた場所にいる家族や友人のために
飲み物を注文し、贈ることができる。 

一方、コカ・コーラはこうした技術を通じて、
顧客にパーソナライズしたメッセージを送ることができる。

そのほか、顧客が利用できる
チャットボットプラットフォームを構築した。

顧客がフェイスブックのメッセンジャーを通じて
自販機のボットと会話をすると、
そこで収集されたデータに基づき、
顧客への返答をカスタマイズしていくことができる。 

小売各社がより便利な買い物体験を実現し、
顧客とのデジタルな結びつきを強めようとする中、
コカ・コーラはこのスマート自販機によって、
顧客の消費行動に関する理解を深め、
商品・サービスの質の向上つなげることができるだろう。

今後は同社事業に、
従来の「自販機」以上の影響を
及ぼすことになると考えられる。 

 「便利さ」の追求 
現金やカードを挿入する必要がなくなることから、
消費者はスマート自販機を使えばより簡単に、
素早く飲料を購入することができる。
また、スマホで注文ができることでも利便性が向上する。

利用者にはスマホを通じて、
今いる場所から最も近い自販機の位置が通知される。

 コカ・コーラはこうした技術によって
顧客との結びつきを強め、
消費行動に関するデータを収集できる。

いくつかの企業がすでに、
デジタルプラットフォームを通じて集めた
消費行動に関するデータ分析から恩恵を受けている。

例えば、マクドナルドは
顧客のニーズに合わせた商品改良における
顧客データ分析の有用性や、
データ活用に基づく取り組みがいかに売上高の増加に貢献したか
といった点を強調している。

 スマート自販機の導入で、
コカ・コーラもマクドナルドと同様、
顧客データをサービスの改善に
活用することができるだろう。

炭酸飲料の売り上げが減少する中で、
デジタル革新と顧客サービスの改善は、
コカ・コーラの長期的な利益成長につながると考えられる。

こうした革新は同社の業務管理の効率を高め、
長期的なコスト削減にもつながると見込まれる。  

                                                 



世界で初の試みがニュージーでスタートするのって
なんかウレシイですよね\(^o^)/

ただ、、
日本はどこもかしこも自販機だらけですが

ニュージーランド国内に設置してある
自動販売機って何台ある??

にゅーじー国内でも
100台あるかどうかじゃない?!

半年くらい前に駅のホームに1台設置されましたが
コカ・コーラじゃないし

昔、ウェアハウスの前にあったけど
最近行ったら、撤去されてたしね。
カメラとかついてなくて
セキュリティー的に問題が
あったのだと思うけども・・・。

今いる場所から最も近い自販機を教えてくれる
このサービスなんて、、
ありえない距離を表示するんじゃない??

これから新たな場所にどんどん
設置されていって、便利になるのかなー?
だといいな〜♡


☆↓ぽちりと応援クリックお願いします↓☆
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ

2017年9月1日金曜日

仕事を辞めようと決意させた “3つのパンチ”

日中、だんだん暖かくなって
雨も減ってきた気がする最近。

でも、週末雨が多いんだよねー
晴天でのお出かけが恋しい(´Д`)ハァ…

えと。

先日のブログにちょっとだけ書いてた
3つのパンチ

リクエストもいただいたし、、
たいしたことじゃないかもしれないんだけど
書いてみようと思います。

長くなってしまうけど、、
よかったら最後までお付き合いくださいマセ。

※ ※ ※ ※※ ※ ※ ※

オーナーが急きょ開催してくれた
毒出しのミーティング
待ち合わせは、カフェでした。
3人でCoffeeをのみながら・・・

私からは
オペレーションを守ってほしいこと
皆に迷惑や心配をかけたくないこと

とにかく、仕事をちゃんとしたいと
お話しました。

※相手をミカンさん 私をリンゴさんとしますね。

オーナーが心配していたのは
ミカンさんの毒というか、恨みの深さ。
 リンゴに対してだけに“何か”を
根深くもっているように思えるから・・・と。
それを出してもらわないと
改善のしようがない!と
今回機会を作ってくれたのです。

ミカンさんは3つの話をしました。
全てにおいて喧嘩ごしな口調で・・

ミカンさんは言いました。
まず1つめ。

『リンゴさん、覚えてます?
あなたが、ある人に向かって 

“最低の人間” と言ったことを。

もう辞めた人ですけどね
私はそれが許せないです』


正直、私には全く覚えがありませんでした。
なので、
どういった状況で、どのようにいったのか?
と聞きましたが、
それは教えられませんって言われました。

雑談中、冗談で 
“キモいとかサイアクとかサイテー” 
とか言い合ったりしたこともあったでしょう。
でも
あくまで雑談中の和やかな場だけ
雰囲気のいい職場だったので
みんなでワイワイ言ってる感じ。

私は他人を最低とかいえる
立場ではないし
職場の人のこと言うわけない。

私は人の人間性を
“最低”扱いするなんて、
絶対してない自信があった。

てか、仕事中、そんなこと言うタイミングないし!
人を最低扱いするほど自分が立派と思ってないし^^;

しかも
いつ、どこで、どんなときに、だれに
がシークレットにされると
解決のしようがない!(^_^;)

とりあえず、
今後気をつけますというしかない感じ?

※ ※ ※ ※※ ※ ※ ※
ミカンさんは言いました。
ふたつめ。

『リンゴさん、覚えてます?
あなたは、私の事を 
“これでもチーフ” と言ったんですよ
これでもって!!!(怒)
私はそれが許せないです』


これ!!明白に覚えていました。

営業時間前の勤務でのこと
みかんとりんごの二人で
ディナーの仕込み作業をしていました。

その日から勤務するフロアスタッフさんをつれて
マネージャーが紹介しにキッチンに
やってきました。

その自己紹介のとき
ふつうの話し方ではなく
声をわざと低くするというか
志村けんの“変なおじさん”風というか
ふざけた感じ。
だっふんだーと言うような感じで
声を低く、ふざけて
『ミカンですよろしくお願いしますw』
言ったのです。

私は
『これでもチーフなんですよぉー笑』
と冗談ぽく言って

すると
『そうなんですwこれでもチーフなんですw』
と同じだっふんだー風な調子で言って。

4人で笑ってその場がおわった。

その時も、その後思い出しても
とても和やかな場面だったんですが・・・

え?自分のおふざけはよくても
私のツッコミがダメだったの??

そのことはマネージャーも覚えていて、
『完全ふざけてましたよね?
むしろ、ふざけて自己紹介するミカンさんを
りんごさんがフォローした感じだったような?』
と解釈してくれてて。

言い方ひとつで言葉は
ぜんぜん違う捉え方になる。
言葉ってほんと怖いと思った。

※ ※ ※ ※※ ※ ※ ※

ミカンさんは言いました。
これは決定打の、みっつめ。

 『リンゴさん、覚えてます?
先週の週末の営業中
ツイスター投げましたよね?

全く記憶になかったわたしは
え?投げた?とキョトンとしたら

『へぇぇ〜ーーー!あれを覚えてないんです?
なげたじゃないですか!!

ほんとに覚えてないんです?
ツイスターの注文入って
投げたでしょ!!
私は本当に嫌だった』
というのです。


↓↓ツイスターってこれです。↓↓
油で3分位揚げる、春巻きみたいな感じ?

投げた?

え?
フライヤー(油)に投げ入れたってこと?
いや、、、
この商品は、投げ入れちゃうと
下側の細いほうが、曲がったり折れたりしやすいので
投げ入れることなんてしないし

っていうか

食材を投げたりしないし!

で、もって
投げたことに全く記憶がなく

詳細を話してもらいました。


結局のところ真実はこうでした。


その夜の各担当ポジションは
ミカンさんは揚げ物担当
リンゴはメインディッシュ担当

他に 寿司担当、天ぷら担当、
洗い場担当、デザート担当、
それと司令塔の
オーダーをよみあげ
各ポジションに指示を出す担当が
それぞれいました。

オーダーが入り続けている時に
持ち帰りの注文でツイスターのオーダーが
入りました。

その時、ミカンさんのポジションは
大忙しだったのがわかったので、
私の隣にある冷凍庫から
ツイスターを取り出し、

ミカンさんにひと声かけ、
ミカンさんはそれに対して
“ありがとうございます”と応えたので
フライヤーに入れたのです。

以上、これがその投げた事件。

この一連の流れのことを
彼女の言葉でいうと

先週の週末の営業中
ツイスター投げましたよね?
になったんですよ。

???????
目が点ですよ

結局
なにがダメだったかというと

自分のポジションのオーダーを
自分でやりたかったのに
邪魔されたので、腹が立った。と。


さらに

りんごさんいつも
そんなことしないじゃないですか!

ってみかんさんは言いました。

いやいや、いつもしてますよー!

キッチン内は
個人プレーでじゃなく
チームプレーです。

それぞれのポジションを
手伝い、助け合うのは
日常なんですよー

私は普段、指示する司令塔ポジションを
担当することが多く、

オーダーのかさなった場所を
自分が手伝ったり、
誰かに指示してHelpに行ってもらったりを
日常的におこなっていて
まぁそれが司令塔のすべき仕事
コントロールなので、、、
自然に行う作業なんですよねー

チームプレーは私のモットーで
『りんごさんはいつも的確に指示を出していて
チームプレーいいですね』と
オーナーに褒めてもらったこともありました。

なので、オーナーも
りんごは手伝わない人と思ってないと思うし。

ツイスターを冷凍庫から取り出してから
ミカンさんに確認もしている

いつもどおりのことだし
なにがダメなのか?

しかも、何故それが
“投げた”という表現になるのか?
入れたじゃなくて、投げたと
わざと言い換えてるところがコワイ( ゚Д゚) 
彼女は普段言わないし、その方言の地域の方じゃないのよん。

私は(多分オーナーも)言葉を失いました。


『手伝う人は、手伝われる側の気持ちを
確認する必要があるのかもしれませんね』
                     byオーナー
と・・・とりあえず
まとめて頂きましたが・・・


私の葛藤。
↓↓

協力しあうことができない。
手伝ったことで
こんなに怒る
投げるとか曲がった表現をされること。

こうして、話す機会をつくってもらっても
改善や和解の兆しがみえない。
もう、同じ場所で仕事できない

??これからどうしたらいいの??

考えれば考えるほど
わからなくなって

これからどう接すればいいの?
もう
同じ場所に立つこと
話しかけること
いろいろ・・・

怖い。。怖すぎる。
(´Д`)ハァ…

もう、人間不信状態

ここで働いて4年8ヶ月

駄目なとこもたくさんあったと思うけど
全力で頑張ってきたから

このタイミングで
逃げ出すのは嫌だったけど

一区切りすることに決めたのでした

※勤務中ご一緒させていただいた方
お世話になりました!
ありがとうございました!


ってな感じ
3つのパンチのお話でした。
いや~人間関係って永遠のテーマ。

☆↓ぽちりと応援クリックお願いします↓☆
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ