2014年7月15日火曜日

わたしの人生では出逢ってなかったタイプの人

今日は久しぶりの青空が広がっています♪
ずっとつづけばいいのになー
お友達とお茶した時の〜♪

さて。
先日マネージャーのお誕生日お祝いを
企画した時の話。

いつも仕事仕事モードで頑張ってる
マネージャーに
私はなにかお祝いしたいなーと思い
「マネージャーの誕生日にみんなで
ケーキ買ってサプライズのお祝いしない?」
と、スタッフに声をかけました。

みんなすぐに賛同してくれたのですが
フロアーチーフ1人だけ嫌がりました
「えーーやる必要あります?
やっていいですけどぉ・・・面倒くさい。
あのひと愛されてるんですねー」
と言いました。

賛同者がつのり、話が ケーキでお祝い ではなく
さらに営業中のサプライズ というプランで
進んでいき、オーナーにも相談してOKをもらいました。

話が進んでいることをそのチーフに伝えると
ものすごく残念そうに
「えーやるんですか?できればやりたくなかった」
と即座にかえされ、私は言葉を失いかけました。

当日私は休みだし、キッチン勤務なので
来店しているお客様に伝えることができません。
当日フロアー勤務する
彼女の協力が必要なのです。

そして
『お客様に伝える内容も考えたくないから
考えてくれ』と言われました
(私が英語が苦手で、そのチーフは話せる)

みんなが賛同してくれるのに
どうしてそこまで拒絶するのか聞くと
「私は愛情最下位です」と。


しばらくして
「営業中じゃなくて、オープン前じゃだめです?
 個人的な理由でお客さんに迷惑をかけることだ」
と変更提案をくれました。

もちろんそれでもサプライズは成功するけど
常連さんが多いアットホームなお店なので
お客さんがいっしょにいてくださることで
もっとすてきなお祝いになると私は思っていました。

オーナーが賛成してくれた際の言葉の中にも
そんな感じのことを言っていました。
スタッフ同士の仲がいい
職場の雰囲気がいいって事が
お客様にもつたわるかもねーってな感じで。

ちなみに、普段からお客様のバースデーの時も
店内みんなでお祝いするので
照明をおとしてバースデーソングを歌うことは
ちょいちょいあることなんですよ。
誕生日のグループ以外のお客様も
一緒に歌って拍手がおこり
なごやかな雰囲気になっていると私は感じてました。

中にはもくもく食べてる方もいらっしゃいますけど
お祝いを迷惑だと言うゲストはいないと思ってました。


しかし、そのチーフの発言は
今回のマネージャーのバースデーだけではなく
普段からチーフの心中は
「お誕生日のお祝いは他のお客様に迷惑」
とも受け取れました。


同じ職場ではたらいて
チームワークとか協力しあうとか
そういう内容のことがミーティングとか
過去の様々な場面で出てました。

人種は関係ないかもしれないけど
ここは日本じゃないから・・・という
言葉でうやむやにまとめたくもなく・・。

同じ日本人で、愛情というか優しさが
ない人が今まで私の周りにいなくて、
正直動揺しました。
え?私がおかしい???と。

たとえば、大嫌いな上司でも
別れた元カレとかだったとしても
ここで個人的恨みを出し過ぎじゃない?
(※あくまで例えです)
同じ職場のチームメイト&上司なのになぁ
とてもさみしいというか、残念な気持ちになりました。


ホスピタリティという
気持ちは普段からあるのかなぁ・・と。

まぁ・・・いろいろな人の考え方が
あるんだなーって感じた出来事でした。

☆↓ぽちりと応援クリックお願いします↓☆
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ

1 件のコメント:

  1. そんな裏話があったんだねー。
    もしかして、みんなに愛されているマネージャーがうらやましかったんでは?
    今度、チーフの誕生日に同じようにやってあげてみたらどうでしょう?
    反応が楽しみです。

    返信削除