2015年1月12日月曜日

美味しいイチゴの見分け方!NZ初のイチゴがり〜

今日のオークランドは晴れ
朝から暑かったです〜 
ベランダで洗濯干してたら背中ジリジリしちゃいました^^;

今日はお友達とイチゴ狩りに行って参りました。
日本では2度、NZでは初めてだったのでかなり楽しみました♪

オークランドから20分位モータウェイを走った
クメウという町が今回の目的地!

クメウはワイナリーがたくさんある場所として有名ですが
イチゴ狩りができるファームもたくさんあるのです。

今回はこのクメウ地区のワイナリーの中でも人気の高い、
ソルジャンズ「SOLJANS」を過ぎたすぐのラウンドアバウトを
右折し、すこし直進した左手にあるファームに行ってきました。

Strawberry PYO という看板があるのですぐにわかります〜
この PYO とはPick your ownの略で
「自分で摘んでください」って意味なのです〜♪

車を駐めて、受付でビニール袋とバケツを受け取り
いざ畑へ!!

※支払いは帰るときで、1㎏$5 (現金払いのみ)
中途半端な重さはかなりおまけしてくれます。
☆$5というお値段はとても安くて穴場と聞きました☆


奥の方がたくさんあるよーってファームのおねぇさんに聞いて
きゃーおいしそ~おいしそ~と何度も言いながら奥へ進みました。

ちょっとボケちゃった^^;
奥の建物が受付です。
写真の倍以上の広さの畑が右側にもありました
いちご畑はかなり広くて
一番奥までは行かずに半分くらいの場所で開始!

美味しそうないちご達が
「私を食べて!私を摘んで!」と誘惑してきました♪
目移りし過ぎちゃうとはこのこと!!
かなり楽しめたのでオススメです−−!


さて本題?

知らないと損する?!美味しいイチゴの見分け方!

ピッキングの時の3つのポイント

 ヘタ(ガク)

元気で反っている ・へたの緑が濃いものを見つけよう!
※ 完熟期に入ると、ヘタが反り返るのです。
完熟期をすぎても反り返ってないものは育成上
不具合がでたまま大きくなることがあるそうです。

たね

種を覆うように実が盛り上がっているものを見つけよう!



表面に光沢があり、ヘタ付近まで真っ赤なイチゴ を見つけよう!
※ 黒ずんだイチゴは時間が経っている可能性が高い



美味しくいただくための洗い方

いちごはヘタ付きの状態で手早く洗いましょう〜
ヘタが無いと水っぽくなってしまいますので要注意!

さらにレモン果汁でいちごを引き締める方法も!!
①ボウルに水を入れます。   
②そこにレモンをたっぷり搾る
③イチゴを入れてやさしく洗う



1月末くらいまでイチゴ狩りはできるそうなので
ポイントをふまえて
さらにイチゴ狩りを楽しんで頂けたらうれしいです♪

今日1日でここ5年間で食べたイチゴの数を
軽く超えてしまったと思います〜 
甘くておいしかったぁぁ (*´∀`*)

イチゴはビタミンCの宝庫で 8粒食べれば、
1日に必要なビタミンCをカバーできてしまうそうです。
ビタミンCは、風邪予防や美肌効果にも優れているそうなので、
旬の時季にしっかり食べるのがオススメ!
ビタミンCを壊さず食べるには、ぜひ生食で!!

☆↓ぽちりと応援クリックお願いします↓☆
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ

0 件のコメント:

コメントを投稿