2016年3月22日火曜日

盗むのは男性用ばかり....下着泥棒の可愛いニャンコ

今日のオークランドはくもり。

朝晩の気温が下がってきて、秋を感じますね。
今年の夏は暑かった−−−ぁ。

可愛いニュースを見かけたので
久々に投稿してみました^^;


オークランドから120㎞南下した場所にある
 ニュージーランドで4番目に大きい都市ハミルトン。 
この町で男性用の下着や靴下が盗まれる事件が相次いでいます。 

その犯人はなんと・・・
夜行性のメス猫 ブリジットちゃん(6歳)

                 BBC Newsより

飼い主サラさんによると、ブリジットちゃんは
2カ月の間にパンツ11枚と靴下を50枚以上、
どこからか持ち帰ってきているのだそうです。

 あまりの数に困惑しサラさんは
「そろそろいい加減、変でしょう。
下着がなくなって困ってる人もいるはず」と
3月18日、Facebookに投稿し
500回以上シェアされました。


 サラさんは自分の洗濯物に
うちの誰のものでもない
「見慣れない下着」
紛れ込んでいたことやブリジットが
靴下を子猫みたいにくわえて入ってきたことが
事件発覚の発端だった。  

サラさんは『ニュージーランド・ヘラルド』紙の取材に  
こう答えています。

今朝も目覚めてすぐ、うちに見慣れないソックスが
4枚あることに気づきました。

ブリジットは盗んできたものを一か所に集めては、
コレクションが増える様子を一晩飽きることなく眺めているので
なぜなのか不思議でならないと。。  

しかも一定の好みがあるようで、
女性の下着、服、ホッケー選手が脛骨に充てるプロテクターや
ジャンパーなどが交じることも時にはあるが、
盗んだ下着やソックスはほとんどが男性のものだという。
出典:http://metro.co.uk

近所に「男だらけ」のマンションがあるので、
ブリジットの「被害者」たちはそこの住人ではないか?
と心配している。

事態を重く見た サラさん家族はご近所住人に
「うちの猫がご迷惑をおかけしています」
という事情説明と謝罪のチラシを配り始めました。

ニュージーランドでは猫の室内飼いは滅多にすることがありません。
そのため今回の理由だけで閉じ込めることは難しいのです。

ブリジットは鳥や野生動物を狩るわけではないし、
近隣住人は笑ってくれているのでひとまず安心しているそうです。

 しかし、サラさん家族は近いうちに田舎に引っ越すので、
そうなれば、ご近所に迷惑をかけることもなくなると話しています。



可愛いですよね〜
でも、自分の飼ってるにゃんこが下着を持ち帰ってきたら

相当焦るだろうな(;´Д`)

私は実家のネコが恋しくて恋しくてたまらず
写真を送ってくれ−−!と催促したりしています。


幸い、最近はご近所のにゃんこと遊ぶ機会があり
ちょっと癒やされています。
動物ってかわいいですよねぇぇ♡

☆↓ぽちりと応援クリックお願いします↓☆
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ

0 件のコメント:

コメントを投稿