2013年3月23日土曜日

イースターの日程はどのようにして決まるのでしょう?

今日のオークランドは晴れてました♪
「でも、海はちょっと寒そうだから・・」
 と海を断念した相方さん。
1日お家でゆっくりしてたみたいー
私はランチとディナーお仕事でした。

えっと、、
イースターの続きの話をしてみたいと思います。
日本に住んでいた時、
イースターって聞いたことはあったけど
正直、全くしらないことでした。
日本にすんでいたら、特に何もないですもんね。

そんなわけで、もぅすこし詳しくなろうと思い、
『イースター』と検索してみると・・

“春の訪れを喜びあう意味もあるお祭り”とありました。

春の訪れかぁ〜・・・残念だけどNZは季節が逆で
ではなく、「秋の訪れ」になってしまいます。


ディズニーのイースター♪可愛い(^^♪

イースターの日程は毎年違うって知ってますか?
  私は去年まで知りませんでした^^;

イースターの日程はどのようにして決まるのでしょう?

 今回はイースターの日程の決め方を書きたいと思います

 その1 春分が計算の基点になるそうです
 その2 その春分の後の最初の満月を探します
 その3 その満月の後の最初の日曜日が、
     「イースター(復活祭)」と決まるそうです。

※これは、紀元325年に開かれたニカイア公会議という
 世界教会会議で定められました。

けれど春分の日程は、国によってちがいます。
なぜなら地球は大きくて、時差があるからです。

または、それぞれの国で使われる暦での違いもあります。

西方教会(ローマ・カトリック、プロテスタント、聖公会など)
日本も含め現在多くの国で使われているグレゴリオ暦

東方教会(ギリシャ正教など)は、ユリウス暦を使って計算し、
別の日にイースターを祝います。

たとえば、ユリウス暦のイースターは2013年は5月5日。
けれど2014年はグレゴリオ暦とユリウス暦は同じ4月20日なんだって。

という感じですが、
いろんな国で、イースターの日程を決めると、
国によっては、イースターの日取りが
1ヶ月も異なってしまうこともあるので
春分は、3月21日に固定して計算される
ことになっているんだそう。

とまぁそんな感じです。
ちょっとだけお勉強になりました♪

ちなみに、
モアイ像で有名なイースター島ですが、
このイースターからきているんだそうです。
イースターの日に、キャプテンクックが
この島に到着したことから
名付けられたんだそうです。


イースター島という名は正式名ではありません
正式名はパスクア島 というそうです。
現地語名は「ラパ・ヌイ」先住民の言葉で「広い大地」(大きな端とも)という意味。
かつては、テ・ピト・オ・ヘヌア(世界のへそ)
     マタ・キ・テ・ランギ(天を見る眼)と呼ばれてたそう。

 イースター島という名は正式名じゃないこと、今知った私です^^; haha

ブログランキングに参加しています。
☆↓応援クリックお願いします↓☆
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ

0 件のコメント:

コメントを投稿